導入事例

教育関係者様向け

ENAGEED VOICE 09_大谷高等学校様

2019.12.04

h1-6kanen

 

 

IMG_0817のコピー

 

9qU69vpmR%im9bUCtGucpA_thumb_46

 天王寺・大阪阿倍野橋駅、阿倍野駅、天下茶屋駅、6路線3駅利用可、あべのハルカスを望む交通至便でありながら閑静な住宅街に大谷中学校・高等学校はあります。今回は同校凛花コースリーダーの古田結真先生にお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

エナジードは普遍的な内容を先進的な手法で学べる

——エナジードをどこで知りましたか。

「初めてテキストブックを見たのは関西の教育系展示会でした。しかしそれ以前に他校との情報交換の席で何回か探究の教材として話題に上がっており、インパクトがある名前もあって記憶していました。さらに聞いたところ既存の教材とは内容がかなり違うようなので、見てみたいと思っていました。探究のこれからの活動を具体的にどうしていくかは当時の本校の大きな課題で、コースリーダーとして担任の先生方がやりやすいようにと試行錯誤をしていました。関東視察も2回ほど行きました」

 

——エナジードは他校の授業見学で知って導入したというお話をよく聞きます。

「この地域は他校の先生方向けの公開授業がよく開催されていて、学校間の情報の共有が盛んです。もちろん本校で主催することもあります。府内の女子中学校校は現在13校です。本校のスローガン・モットーは『やさしく かしこく うつくしく』、OG教員や親子4代にわたる入学者も多いです。学校のカラーや方針はとても大切だと思っていて、本校の特色、いいところを活かしながら、時代にフィットした女子教育を作るため、新しい情報を常に持ち、更新していかなくてはならないという意識があります。普遍的な内容を先進的な手法で学べるエナジードに興味を持ったのは、そういった事情もありました」

 

——エナジードを探究活動で採用していただいた目的はなんでしょうか。

「このコースを立ち上げて5年になります。海外を意識する第一歩として、中学では自分たちが住んでいる大阪の歴史・文化についてフィールドワーク・発表会を通じ深く学びました。他にも防災学習、文化祭での起業体験、他教材を使っての授業も実施しました。これまでの探究学習はチームで動くことが多かったので、高校から始めるエナジードでは正解のない問いに向かい合い続けることにより、チームやグループではなく個人の力を将来に向け高めていきたいと考えました」

 

逆算して進学先を選べるように——自分の意志でビジョンを描く

——実際のエナジードの授業をどのように運営していらっしゃいますか。

「導入は高1の夏季講習の時間に集中して実施しました。その後は平常授業に組み込み、高1でvol.4まで、高2の終わりまでにvol.7を終わらせます。受験が終わってからの人生のほうがずっと長い、卒業したあと、社会人としてどのように過ごしていきたいか、そのためにいま何ができるのか、エナジードを通じてビジョンを描き、その上で逆算してどんな大学に行きたいかを考えられるようになって欲しいと思っています。担当しているコースではグローバルマインドの涵養を目的として掲げています。中学からの探究授業の集大成として高2では模擬国連を体験し、修学旅行はカナダに行きます」

 

伝統校のグローバル教育——多様性を尊重し、あらゆる人々と建設的に議論ができる視座を

——伝統校である御校がグローバル教育を積極的に行っている理由は何でしょうか。

vol4_世界のヒント「ダイバーシティ」の画像「昨今日本から海外に行くだけでなく、海外から日本に来て定住する外国人も増えています。たとえ日本にいても国際化の波は避けられません。価値観が多様化する中、世界を知り、どんな価値観も人生も尊重し、自分の考えを持って生き方を選択することがますます重要になってきます。また日本の学校教育がよいと評判になれば、将来海外から進学先に日本の学校を選択するケースも増えるでしょう。そうなった時にあらゆる人々と議論ができるような視座を持って欲しいと思っています」

——長期的な視点での教育、伝統校ならではですね。

 

頑張りたい、自分の殻を破りたい——生徒がそう感じ、輝けるように

——エナジードの授業で、意識していることは何でしょうか。

「教員複数人で授業を行っています。最初は1人で行っていたのですが、他校の事例を聞き、今はそのかたちになっています。複数の目で生徒を見ることにより、コメントやフィードバックに多様性を持たせ、さまざまな意見に触れる機会を作っています。またきちんと見て評価されることでモチベーションが上がり、取り組むことが楽しい、こういうことを頑張りたい、自分の殻を破りたい、生徒がそう感じ、輝けるように支援したいです。教員も日々多忙な中、教科の授業以外の機会でゆっくり生徒に向き合ういい時間になっています。エナジードで得た学びは大きいですね」

 

 

 

大谷中学校・高等学校

設立   1909(明治42)年

所在地  〒545-0041 大阪府大阪市阿倍野区共立通2−8−4       

URL     https://www.osk-ohtani.ed.jp

 

※データは2019年9月のものです 

 

 

 

< 教育事業ページに戻る

資料請求・お問合せ