導入事例

教育関係者様向け

ENAGEED VOICE 08_聖心学園中等教育学校様

2019.09.25

聖心学園_hp (2)

 

 

 

IMG_0794

 

近鉄橿原神宮前駅より徒歩10分。畝傍山の麓、日本書紀において日本建国の地とされ、神武天皇が即位したとされる橿原宮伝承地に創建された橿原神宮のほど近くに聖心学園中等教育学校があります。今回はキャリア教育推進委員会・主任教諭の吉澤陽(よしざわ・あきら)先生にお話を伺いました。

 

IMG_0785

課題の発見・解決策の検討「エナジードのフレームワーク学習で強化」

——エナジードを始めようとお考えになったきっかけを教えてください。

「生徒たちが社会に出るころには世の中は今と違うものになっています。変化し続ける社会に対応する力を得るために、またお互いを尊重して協働することを早い段階から身につけるために、本校の生徒は思考・判断・表現のスキルを高める探究学習に中学1年生から取り組んでいます。その探究学習を補完するいい方法はないかと漠然と考えていた時にたまたまエナジードのパンフレットを目にする機会があり、進路部長を通じて教員研修会をお願いしました。エナジードは課題の発見や解決策の検討方法のフレームワークが整っているので、実施すれば探究学習の深度が増すと感じました」

 

個々にもっと発信する力をつけたい

——どういった効果を期待されていましたか。

「グループ学習をより活性化するために、個々にもっと意見を発信する力をつけたいと思っていました。1年生の頃からチームビルディングの活動を積極的に取り入れ、お互いを理解し尊重し合える姿勢が身についているので、個々が意見を表現する方法を学習すれば、切磋琢磨する雰囲気が醸成できる、エナジードはその課題にぴったり合う教材だと思いました。テキストのデザインがかっこいい、動画もスタイリッシュで、生徒たちが前向きに取り組めるようになっていると思います。生徒は皆、エナジード好きですね。楽しんでいます。エナジードを知ったとき私の担当学年は中学3年だったので、そのタイミングで導入しましたが、それより下の学年は1年生から前述の探究学習と組み合わせて取組みを進めています」

 

探究学習——地域活性化を考え、交流する

——探究学習、具体的にどういったことに取り組んでいらっしゃいますか。

「2016年より学校がある地域についての探究学習をはじめました。中学1年では隣接する明日香村にご協力をいただき村長さんの講演会も含めた地域学習を、中学2年からは橿原市も含めた飛鳥・藤原地域の活性化を考える『世界遺産プロジェクト』をデータ分析などのエビデンスに基づいて行い、深めました。研究発表会は該当の自治体職員の方々もご臨席の上、地域の課題発見と解決策の提案プレゼンテーションを行いました。このテーマを選んだ理由は、せっかく魅力的な土地に学校があるのだからそれを活かし地域とつながりたい、さらにグローバル社会を生きるにはまず自分のルーツをよく知って、アイデンティティを確立することが肝要だという想いがあったからです。実際の社会で行う学習を通じ、働いている大人とつながることは生徒たちの職業観を養う点でもとても有効だと感じています。また内閣府が主催する『地方創生☆政策アイディアコンテスト』にも参加しています。自分たちが学んだこと、考えたことを発表し、それを社会で働く大人に認めてもらえたという実感は大きな自信になります」

——学んでいることが実際に社会で役に立つという実感を得ることは学習のモチベーションにもなりますね。

 

教員の想いを、素直に生徒たちに伝えていきたい

——よい授業ができたと思うのはどんな時ですか。

「自分も楽しかった時ですね。『正解のない問い』に取り組む生徒を導くためには、教員のスキル向上が必須と思っています。反対に失敗したと思うのは詰め込み過ぎた時ですね(笑)。どのように生徒に伝えようか悩み、準備に3日間くらいかけることもあります。教員にも未来がどうなるのかはわかりません。大人も完璧ではない、悩むし戸惑う、失敗もする。だから常に解決したいという前向きな想いが必要だし、勉強することも必要。そういったことを素直に生徒たちに伝えていきたいです。自分が変化し続け、新しいことに挑戦し、力を得ることを楽しんでいる、その感情は生徒に伝わると思います。エナジードに取り組んでいる他校の先生方といろいろお話したいですね。絶対面白いと思うんですよ」

——エナジードユーザー会、私も楽しみです。本日はありがとうございました。

 

 

聖心学園中等教育学校

設立  2003(平成15)年

所在地  〒634-0063 奈良県橿原市久米町222番地             

URL    http://www.seishingakuenchuto.ed.jp

※データは2019年9月のものです 

 

< TOPへ戻る